マチュピチュに行く時に大切なこと
それはツアー会社選びです!

大学生なら学生証の提示で一人あたり2000円の割引!

ペルー南部にあるマチュピチュは天空都市として世界中から観光客が集まる超人気スポットです。

誰もが生きている間に一度は行ってみたいと思う神秘的なエリアです。

そんなマチュピチュなので、様々な旅行代理店がツアーを組んでいますが、どうせなら旅のプロフェッショナル集団が作ったツアーを利用しましょう!

ありがちな海外旅行ツアーではなく、本当に満足できるツアーのみを提供する「ファイブスタークラブ」のツアーなら学生最後の卒業旅行を華やかに飾ることができることでしょう。

大学生なら学生証の提示で一人あたり2000円割引されます。5人で1万円の割引ですが、割引額よりもツアーの質に注目してください!

卒業旅行はあえて日本から遠いところへ!

社会人になるとあまり長期の休みはとりずらくなります。

有給休暇と土日を組み合わせて休みをとっても、海外に行くとなると時間の関係でどうしても近場を選びがちになります。

ですから、時間が豊富にある大学生は、どうせなら日本から遠いところを選ぶといいでしょう。

卒業旅行といえば学生最後のイベントです。ここはケチらず、ドカ〜ンと最後に大きな花火を打ち上げたいところです。

社会に出たら、学生時代の仲間と飲みに行くことはあっても、一緒に海外に行くことはまずありません。休みが合わないからです。

南米ペルーは日本から遠いです。しかも、日本からの直行便はありません。

アメリカのどこかの都市で乗り換えます。

たとえば、ヒューストン乗り換えなら成田空港からヒューストンまでは約12時間、そしてヒューストンからペルーのリマまでは約6時間の合計18時間かかります。もちろん、乗り換えの時間を入れればもっとかかります。

こんなに時間がかかるので、社会人になったら有給休暇でマチュピチュに行くのは現実的ではないのです。移動にほとんどの時間をとられてしまうからです。

日本から遠い国こそ学生時代に行く!これは覚えておいてください。

高山病を考慮したツアーを選びましょう!

マチュピチュに行く時に一番注意すべきことは「高山病(こうざんびょう)」です。

高山病とは低酸素状態に置かれたときに発生する症状です。

標高2,400メートル以上になると、空気が薄くなり酸欠状態になります。

その結果、頭痛や吐き気、めまいといった症状が現れるのです。

マチュピチュは標高2,430メートルと非常に高い場所にあります。

ですから、高山病を考慮したツアーを選ぶ必要があります。

ファイブスタークラブのマチュピチュツアーは高山病を配慮し、標高が低めのマチュピチュ村に宿泊するツアーとなっているので安心です!

おすすめサイト